読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁息な手段

姑の仕事は嫁イビリ

news.nifty.com

 

現地からの報告によると、ジョージア州だけですでに5人の韓国人が逮捕され、追放手続きが進んでいるところだ。その内訳は、「取るに足らない」(YTN)犯罪で有罪判決を受け執行猶予中だった20~30代の男2人と不法入国を試み拘束された女1人、スピード違反で捕まった男1人、そして交通事故被害を届け出た男1人という。

アトランタ韓国総領事館のチョン・ヨンウォン領事は特に最後の一例について、「後続車にぶつけられた交通事故被害者だ。だから通報したのに、出動した地域警察が(被害者の)身元を調べたら不法滞在者だと分かった」といきさつを説明、警察の理不尽な対応に不満をにじませた。

韓国のネットユーザーはこれに多数のコメントを寄せているが、不法移民に同情する記事の論調には反対意見が多いようだ。コメント欄には「韓国人であっても、不法滞在したら追放されて当然」「韓国の不法滞在者も追放すべき。合法より違法の人の方が多いはず」「犯罪者は韓国にしろ米国にしろ追放しなきゃ」と至極まっとうな意見が並ぶ。

 

当たり前の反応

 

司法が特別永住者である在日をこのように追放しないから一般市民が追放をしているだけでヘイトなどと騒ぐ。

 

不法滞在者は追放するのは当たり前。日本は優しすぎたから在日コリアンが幅を利かしだし強姦などの犯罪が未だに高い割合で推移している。